転職は気持ちが大切

 転職活動をしていて落ち込むこともあるかもしれません。例えば不採用の通知を受けた場合には、誰でも少なからず落胆するものです。しかし、転職活動をしていく上で不採用の通知を受けることなど日常茶飯時のことです。一喜一憂して転職活動を停滞させてはいけません。転職活動が長期化する原因となることの1つに、自信の喪失があります。思うような結果が得られないことで、少しづつ自信を無くしていき転職に向けた活動量も減少していきがちです。現在の転職市場は競争があって当たり前であり、複数の企業に応募することも当たり前のことです。一喜一憂せず前進し続けましょう。

 

決まる時はあっさりと決まる

 どのような結果になっても、転職が決まるまで応募し続けていくことが大切です。よく企業からの不採用通知で「今回は縁が無かったということで」という言葉がありますが、転職は縁がある場合にあっさり決まったりするものです。応募した企業に採用されなかったからといって、自分を卑下したり自信を無くす必要はありません。必ず自分を必要としてくれる企業があるという確信を持って、転職が決まるまで転職活動を続けましょう。転職活動は自分を見つめ直すチャンスであり、自分の可能性を広げていくチャンスなのです。

 


このページの先頭へ戻る