転職支援の相談の中で気になる発言が時々あります。例えば未経験の仕事に応募しようとする際の「教えてもらえれば出来る」といった趣旨の発言です。一体何を根拠に「教えてもらえれば出来る」と考えているのでしょうか?
そもそもどのレベルから教えてもらおうとしているのでしょうか?経験上、こうした発言をする人の多くは根拠無く「教えてもらえれば出来る」と考えています。仕事レベルが5段階あるとして1と2は他の仕事でやったことがあるが3,4,5は経験が無いので、そこを教えてもらえれば、という理屈ならまだ分かりますが、そうではないケースが大半です。

 

 「やったことが無いんだから教えてもらわないと」という人もいますが、今はそういう人は初めから雇われないという現実を理解出来ていません。今は新卒採用に対してでさえ即戦力性の高い人が求められている時代です。まして中途採用ならなおのことなのです。では未経験者は絶対に採用にならないのか、といえば決してそうではありません。ポイントは受け身の姿勢なのか自ら会得する姿勢があるのかの違いなのです。ですので相談の中では「教えてもらえば出来ます」といった言葉は面接では禁句であると伝えています。「先輩や上司の指導の下、自らも自発的に技能習得に励みます」というように意気込みを伝えなければなりません。



このページの先頭へ戻る